~共働き子育て家族の引き継ぎノート~

日中は共働き。夜は家事、育児。どこにでもある共働き家庭の試行錯誤な日々を、1つの事例として引き継ぎノート風に残していきたいと思います。どこかで同じように頑張る共働き家族の参考になれば嬉しいです。小学生と乳児を持つ30代の働く母。好きな言葉は効率的、時短、コスパ。

このイベントは必要?イベントの断捨離を考える

f:id:nanohanaohana:20210111091036p:plain

テレビを見ていると、今年のバレンタインデー用にチョコレートの特集をしていました。おうち時間を楽しむために、カカオ豆からチョコレートを作るようなキットもあるのだとか。すごいですね。

 

そっか、この前お正月やったけど、次はもうバレンタインかぁ。今年はどうするかなぁ。なんてぼんやり考えながら、普段使うネット通販のサイトを見ていたらひな人形の広告が出ていました。そうか、ひな人形もそろそろ検討しなくては・・・。

 

この前ふらふら散歩をしていると、節分豆を売っていましたし、コンビニでは恵方巻の広告がでかでかと出ています。

 

えっと、節分と恵方巻が終わったら、バレンタインデーで、その次がひな祭り・・で、ホワイトデーが来ると。

 

で、ふと、なんか次から次へとイベント多いな、

いったい一年間でどのくらいイベントごとがあるんだろうか、と気になり、我が家が行っているイベントや季節の行事についてちょっと洗い出してみることにしました。

 

1月 お正月

2月 節分、バレンタインデー

3月 ひな祭り、ホワイトデー

4月 お花見

5月 こどもの日、母の日

6月 父の日

8月 花火

9月 お月見

11月  七五三

12月  クリスマス、年越し

+家族4人分の誕生日、結婚記念日

家族4人分の誕生日を入れると、毎月何かしらイベントをしている感じになります。

 

よくわからず、世の中がそういう雰囲気だからやらなきゃいけないのかな・・っていうイベントも多い気がします。節分とか、恵方巻とか、「予約締切間近!」とみると、あ、早く予約しなきゃ・・と思ってしまいます。

テレビの影響も大きいかもしれません。テレビをつけると「もうすぐ〇〇の季節です」と言われると、あ、そっかー、そろそろかー。と何だか準備をしないといけない気分になってきますし、それが当たり前だと思ってきました。

 

モヤモヤと気になったのは、世の中がそういう雰囲気だから流されてイベントを実施しているということ。そのイベントの背景とか意味を薄ぼんやりとしか分かっていないので、クリスマスは、ツリーを飾ってチキンとケーキを食べてプレゼントを用意しなくては!と半ば義務感のようになっているのがなんだかちょっと違うなぁと。

 

また、毎回イベントごとについて考えるのが少し面倒くさい。。

何かパッケージみたいになっていたらいいのになぁと思いますので、我が家なりにイベントごとにこうお祝いするという手順書みたいなものを作っておいたら楽かなぁと思いました。

 

テレビや世の中の雰囲気に流されて「やらなきゃ!」と思うのではなく、

このイベントはこういう意味があるからこうするんだ、というのを我が家なりに取捨選択していきたいなと思いました。

日本の大事な行事、季節を感じるイベント、などイベントは楽しいし、心を豊かにするものだと思いますので、大切にしつつ、『イベントの断捨離』、『手順書作成』に、今年は挑戦してみたいと思います。