~共働き子育て日記~仕事、家事、育児をもっと楽に~

家事や、育児のいろいろをシンプルな思考で対応し、日々を少しでも楽に過ごしていきたいです。小学生と乳児を持つ30代の働く母です。好きな言葉は効率的、時短、コスパ。

2021保活を終えました~過去の保活を振り返る~

f:id:nanohanaohana:20210206155255p:plain


こんにちは。なのです。

 

先日、2021年4月入園の保育園結果が出ました。

有難いことに第1希望の園から入園内定を頂きました。

春からは娘は保育園に入園し、私は仕事に復職するというまた新たな生活が始まります。上の息子の時はどうだったかな?と思い起こしながら、準備を進めていきたいと思います。

 

また、せっかくなので、我が家がこれまでに通った保育園の記録を記しておこうと思います。

 

(上の息子)

2013年 ①区立認可保育園に入園

2017年 ②引っ越しに伴い、認証保育園に転園。

    ③翌月認可保育園に空きが出たため認可保育園に転園

2018年 ④家の近所に認可保育園が新設されたため、そちらに転園

2020年 卒園

 

(下の娘)

2021年 ⑤認可保育園に入園

 

①ですが、当時は1歳で保育園に入れるのは無理、0歳で入れとかないと入れないよという風潮(私の周りだけ?)があり、私もそうなんだ!と育休を切り上げ、0歳の4月入園で保育園へ申し込みをしました。当時住んでいた地域は待機児童が少ないこともあり、有難いことに第1希望の認可保育園に内定を頂きました。

 

②引っ越しのため、保育園探しが始まりました。引っ越しをすることは分かっていたため、引っ越し先の認可保育園、認証保育園について情報を集めました。

本屋さんで、引っ越し先の地図を購入し、地図上に保育園の場所に付箋を貼っていき、

どこまでなら現実的に通うことが可能かを考えたりしました。

また、引っ越し先の近くの認証保育園には事前に連絡をいれ、〇年〇月~通いたいが空きはあるか?というのをメールで確認したりしていました。(ただ、その時点ではどこも一杯で空きがなく、転園なんてできるのかとガクブルしておりました)

 

引っ越しする前月に、当時連絡を入れていた認証保育園の1つから連絡があり、空きが1枠出たということで、運よく認証保育園に入れることができました。

また、その翌月には③の認可保育園に空きが出て、そちらにすぐに転園することができました。毎月毎月区のHPの空き情報がアップされるとすぐに確認していたので、空きが出たのを見つけた際には目を疑いましたが、すぐさま希望園変更届を区役所に出しに行き、そのまま転園が決まりました。

 

④は家の近くに認可保育園ができたため、また転園希望を出し入ることができました。③の認可保育園にそのまま卒園まで通うという案もあったのですが、④は③よりも大規模園であることと、家から歩いていけることが決め手となりました。

保育園は雨の日も雪の日も毎日毎日通うので、近いに越したことはありません!

 

そして今年、下の娘が⑤の認可保育園に入ることができました。

娘の場合は、上の息子が保育園を卒園しているため、いわゆる兄弟ポイントという加点がないため、厳しいかな・・・と思っていたのですが、おそらく18歳未満の扶養人数が多い家庭を優先するという優先順位で有利になってはいることができたのかな?と思っています(実際は、自分がどういう順位で入れたかなどは公開されませんので分かりませんが)

 

これが我が家の保育園入園活動の記録です。

振り返ってみて、思ったことは、

 

・とにかく区のHP、入園資料をよく読み、よくチェックする。

 →情報はここに詰まっています。これ以上でもこれ以下でもありません。来年度の新規園の情報も、毎月の空き情報もこまめにチェックし、情報を得ると建設予定地を確認しに行ったりしていました。

 

・分からないことがあれば、区に聞きに行く。

 →区のHPからは読み取れない質問が出てきた場合は、直接聞きに行きました。

  特に、1歳4月入園は厳しいと思っていたので、何とか有利になる方法はないものかと考え、0歳時で申し込んでおき待機児童になっておくと1歳4月に何か考慮されたりするのか?と仮説をたて聞きに行きましたが、「全くそんなことはありません」と言われて終わりました、苦笑。

コロナ中は外出ははばかられたため、区のHPのお問い合わせフォームから質問を送ったりもしました。丁寧に回答してくださり、すごく助かりました。

 

・周りの情報はあくまで参考程度に。

 →「あの保育園は人気だから厳しいかもよ」など、保活経験者の方からのアドバイスは大変参考になります。ただ、あくまでも参考程度にし、最終的に我が家としてはどこを希望園として申請するのかは自分たちの判断基準で決めました。

我が家の判断基準は、家から近いこと、募集人数が多いこと、区のHPで公開されている昨年のボーダーラインを見て我が家の点数で入れる可能性があれば申請する(ポイントが足りてない園はいくら近くても希望から外す)というものです。

娘が内定した園も「毎年激戦」「兄弟枠がないとまず入れない」と聞いていましたが入ることができました。保活は毎年毎年状況が違いますので、決めるのは自分の判断で、後悔しない申請をしたらよいかと思います。

 

保育園の入園は自分の努力次第ではどうすることもできないため、悩んでも仕方ないと分かっていても悩んでしまうことが多く、かなりの工数を使ってきた気がします。

どのご家庭も保育園の入園で悩まなくてもよい世の中になってくれることを切に願います。そのために自分にできることは何だろうかと考えずにはいられません。